介事管理専門秘書検定資格とは − 他の資格との違いを徹底検証してみた。

介事管理専門秘書検定資格

2000年に介護保険制度が始まり、介護事務を担当するスタッフの必要性は急速に拡大しています。

以前は、どこの施設も”介護事務職単独”で雇う余裕がなく、他の事務員や介護福祉士などが現場と兼任で行うのが一般的でした。

しかし、それが一部の職員にとって大きな負担となっており、専任スタッフの育成と資格制度の整備が急ピッチで進められたのです。

当記事では、そのような社会背景の中で誕生した資格の1つ『介事管理専門秘書検定』について詳しく解説していきます。

介事管理専門秘書検定資格とは?

JADPが認定する民間資格

介事管理専門秘書検定資格とは、一般社団法人『日本能力開発推進協会(JADP)』が認定している民間資格です。

JADPは、これ以外にも医療事務や調剤薬局事務、歯科助手などの資格認定を行っており、医療・福祉の現場で活躍できる人材の育成に注力している団体なんじゃ。

協会指定の教育機関が実施する講座を修了後、検定試験に合格すると『介事管理専門秘書検定資格』の称号が与えられます。

この資格を得ることで、介護事務のメイン業務である”介護報酬請求事務”を始め、ケアマネのサポートや受付業務、利用者やその家族のメンタルケアなどの基礎的な知識とスキルが身につきます。

そのため、これから介護業界で働きたい初心者はもちろん、すでに現場で働きながらキャリアアップを目指す介護士までさまざまな方が毎年試験にチャレンジしているのです。

資格取得後は、以下のような職場で働くことができます。

有料老人ホーム、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、介護老人保健施設、ショートステイ、老人デイサービスセンター、訪問看護ステーション、高齢者生活福祉センター、在宅介護支援センターなど

 

資格は複数ある

介護事務資格は、JADP以外にもさまざまな団体が認定しており、いくつも存在します。

代表的なものは以下の通りです。

資格名 認定団体
介護事務管理士(R) 技能認定振興協会 
ケアクラーク(R) 日本医療教育財団
介護事務実務士 医療福祉情報実務能力協会
介護報酬請求事務技能検定 日本医療事務協会
介事管理専門秘書検定 日本能力開発推進協会
介護保険事務管理士 日本病院管理教育協会
介護保険事務士 つしま医療福祉研究財団

どの資格も介護事務の基礎的なスキルを習得できるという意味では、さほど大きな違いはありません。

どれも一緒なので、まずは無料パンフレットを取り寄せるなど下調べをしたうえで、自分の目的や状況に合った資格を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、私は技能認定振興協会が主催する『介護事務管理士』の資格を取りました。

決め手となったのは、やはり知名度と実績ですかね。

資格取得後は、近所のデイサービスセンターで専任の介護事務員として働いていますが、「事前に勉強しておいて本当に良かったなぁ」と思っています。

というのも、メイン業務である『介護報酬請求事務(レセプト作成)』を行ううえで、サービス名称や計算の仕方など覚えなければならないことは意外と多く、どうしても専門知識が必要になってくるんですよね。

その際、就業先の施設に、それを丁寧に教えてくれるケアマネやベテランの職員さんがいれば資格が無くてもさほど困りません。しかし、そういった方々がいないとかなり苦労します。

特に、介護事務に特化した書籍などはほとんど売られていないので、独学で学ぼうにも何から始めて良いのか分からない・・・。

介護保険制度は、法的な問題や煩雑なルールのうえで成り立っています。資格取得後、何らかの形で就業を希望するのであれば、事前に資格は取っておいたほうが良いんじゃないかなぁと思います。

 

 

他の資格との違い

最も決定的な違いは、介事管理専門秘書検定資格の場合、日本能力開発推進協会が指定する講座を修了しなければ『受験資格』が与えられない点です。

これは裏を返せば、”独学でこの資格を取得することは不可能”だということを意味します。

なので、もし独学での合格を目指すのであれば、一般受験も可能な介護事務管理士ケアクラーク介護報酬請求事務技能検定あたりを検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、介事管理専門秘書検定資格の対応講座は、大手通信講座の『キャリアカレッジジャパン』です。

★キャリアカレッジジャパン 介護事務講座

学習形態 受講費用(税込) 学習期間
通信 39,600円 約3ヶ月

標準学習期間は約3ヶ月、講座と資格試験がセットになっており、試験は在宅受験のみ。

合格率はかなり高めなので、よほどのことがない限り落ちることはないと思います。

ただし、受講開始後、1年以内が受験可能期限となっています。1年を経過すると、受験資格を完全に失ってしまうので、その点だけは気をつけてください。

介事管理専門秘書検定資格について

介事管理専門秘書検定資格の日程

試験の概要

①試験実施日

カリキュラム修了後、随時(在宅受験)

 

②受験資格

JADP認定の教育機関が実施する講座を修了した方

 

③試験内容

・介護保険制度
・介護報酬請求
・介護に関する知識
・要介護者やその家族のメンタルケア
・介護現場のスタッフのメンタルケア

 

④合格基準

得点率70%以上で合格

 

⑤合格率

非公開

 

⑥合格発表

答案受付後、約1ヶ月以内で郵送にて通知

 

⑦受験費用

5,600円(税込)

 

⑧受験会場

在宅のみ

 

申込み方法

受験を希望する場合は、協会指定講座のカリキュラムを修了後、主催団体である『日本能力開発推進協会(JADP)』のホームページから個別に申込んでください。

またその際は、

・受験料の振込み
・対象講座(全添削問題・カリキュラム)の修了
・検定試験の申込み

上記3点の完了が必須です。

全ての確認が取れ次第、約2週間ほどで試験問題が自宅に到着。その問題用紙に解答を記入し、JADP事務局に返送すると、約1ヶ月ほどで『合否通知』が届きます。

もし疑問や不明点などあれば、認定教育機関に直接確認してみると良いでしょう。

 

過去問

以下、過去に学科試験で出題された問題の一部です。

問題①

次の文章のうち正しいものはどれですか。

(1)外泊時の費用を算出した日については、施設サービス費に係る加算・減算項目、特定診療費などは算定することができない。

(2)介護保険における摂食機能療法は医師以外の場合は算定することができず、看護師、理学療法士などが実施した場合は、医療保険において算定する。

(3)特別療養費に係る感染対策指導管理の基準には、MRSA等の感染を防止するにつき十分な設備を有し、体制が整備されていることとされている。

(4)連携型定期巡回・随時対応サービス事業所と同一法人が運営する訪問看護事業所と連携することはいかなる場合においても認められない。

 

問題②

次の文章のうち正しいものはどれですか。

(1)介護保険適用病床に入院している患者に対し歯科診療を行った場合についての当該療養に係る給付については介護保険から行う。

(2)介護老人保健施設において薬剤管理指導をするにあたっては、医薬品情報管理室を設置する必要があるが、併設医療機関との兼用は認められない。

(3)入院に伴い一旦施設を退所した者が、退院後に再入所した場合は、日常生活継続支援加算の算定要件における新規入所者に含めることができない。

(4)日常生活継続支援加算におけるたんの吸引などの行為を必要とする者とは、医師の指示を受けて介護老人福祉施設の看護職員や介護職員が行っている者をいう。

まとめ

介護事務は、年齢に左右されない、将来的にも安定しているなどの理由で、昨今女性を中心に人気の職業です。

学歴や実務経験がいらないため、一度社会人になったあと資格の取得をめざす方も少なくありません。もし転職や復職を検討中の方は、ぜひ思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、その際はキャリアカレッジ以外にも、ユーキャンやニチイ、ヒューマンアカデミー等などさまざまな講座があるので、自分の目的や状況に合ったコースを選んでみてください。

以上、最後まで読んでくれてありがとうございました。

介護事務講座を比較するなら♪

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ学び』は、介護事務の講座掲載数No.1の資料一括請求サイトです。全国の通信&通学講座を一覧比較、気になる講座のパンフレットをまとめて取り寄せることができるので便利です♪

無料で送られてくる資料には、これから介護事務を目指す方向けに役立つ情報がたくさん載っています。講座の内容はもちろん、詳しい仕事内容や資格制度、現場で働く先輩たちのリアルな体験談まで詳しく書かれているので参考になりますよ。

充実した人生を送りたいなら、今以上の知識を身につけることは不可欠です。ぜひ主体的に学び、積極的にあなたの人生を作っていきましょう!