介護保険事務管理士とは − 他の資格との違いを徹底検証してみた。

介護保険事務管理士

日本では超高齢社会を迎え、介護サービスを提供する施設や事業所の数は急速に増え続けています。

それに伴い、介護保険の報酬請求業務を担う”介護事務スタッフ”は必要不可欠な存在となり、介護・医療の現場から広く求められるようになりました。

今回紹介する『介護保険事務管理士』も、そんな介護事務スタッフに求められる知識、スキル習得を目的として誕生した資格です。

よく『介護保険事務士』と名称が似ているため、誤解してしまう方もいますが、こちらとは認定している団体が違います。試験内容や資格取得方法も全く異なるので、くれぐれも混同しないように気をつけてくださいね。

それでは、詳しい内容について一緒に見ていきましょう!

介護保険事務管理士とは?

日本病院管理教育協会が認定する資格

介護保険事務管理士とは、『一般財団法人 日本病院管理教育協会』が認定する民間資格です。

協会設立の目的は、医療・介護・福祉の総合的スキルを持った人材の育成であり、介護保険事務管理士以外にも以下のような資格を認定しています。

・医療管理士
・医療事務士
・病歴記録管理士
・介護医療事務管理士

協会では、全国各地に教育指定校を設けており、資格を得るためには指定校への就学が義務付けられています。

 

資格取得のメリット

介護保険事務管理士は、介護事務スタッフの担う重要な業務である”介護報酬請求事務”に必要な能力を備えていることを証明するための資格です。

介護事務の資格には、他にも介護事務管理士ケアクラーク等がありますが、この介護報酬請求事務がこなせるようになるという点ではほぼ一緒です。

特に優劣もないので、自分の状況や目的に合った資格を選びましょう。

【介護報酬請求事務とは】
介護保険制度に基づき、介護サービスを提供した施設や事業所では、月に一度、前月の介護報酬を保険者(市町村)に請求する仕事が発生します。その請求の際、介護レセプトを作成し、保険者へ請求する業務を「介護報酬請求事務」と言います。

身につけたスキルは、日本全国の施設や事業所で活かすことができるので、将来性が高く、就業後も長く安定して働くことができます。

そのため、

「安定した職業に就きたい!」

「介護福祉施設や医療機関で働きたい!」

という方にとっては、非常に役立つ資格です。

資格取得後は、以下のような職場で働くことができます。

老人ホーム、グループホーム、デイサービスセンター、介護老人保健施設、訪問介護ステーション、療養型医療機関、在宅看護支援センター、高齢者生活福祉センター、介護医療院など

 

資格の取得方法

資格を取得するためには、まず協会が認定した”教育指定校(大学・短大・専門学校)”に通学し、一定のカリキュラムを履修しなければいけません。

そのうえで、毎年2回開催される認定試験を受験し、これに合格すると正式に『介護保険事務管理士』の資格が付与されます。

◎教育指定校一覧

都道府県 学校名
岩手 盛岡医療福祉専門学校
栃木 國學院大学栃木短期大学
群馬 桐生大学短期大学部
東京 東京ビジネス外語カレッジ
愛知 愛知みずほ短期大学
大阪 大阪城南女子短期大学
大阪 羽衣国際大学
京都 京都文教短期大学
兵庫 湊川短期大学
兵庫 園田学園女子大学短期大学部
愛媛 今治明徳短期大学
香川 香川短期大学
福岡 近畿大学九州短期大学
福岡 精華女子短期大学
大分 東九州短期大学
長崎 長崎女子短期大学
沖縄 沖縄女子短期大学

基本的には、上記大学に通っている学生向けの資格です。

とくに通信講座なども用意されていないため、全くのゼロから社会人や主婦が取得するにはかなりハードルが高いと言えます。もちろん、この資格を取るためだけに、わざわざ学校に入り直すのは現実的ではありません。

では、どうすればいいのか?

介護事務の資格は他にも数多くあるので、これから資格の取得を目指すのであれば、受験資格を一切設けていない介護事務管理士ケアクラーク辺りを検討してみてはいかがでしょうか。

介護保険事務管理士よりも、むしろ業界での知名度が高く、実績もあるのでおすすめですよ。

介護事務管理士とは − 他の資格との違いを徹底検証してみた。

2020.04.01

 

上級資格『介護医療事務管理士』

日本病院管理教育協会が認定する、

・医療管理士
・医療事務士
・病歴記録管理士
・介護保険事務管理士

のうち”介護保険事務管理士”を含む2つ以上の認定試験に合格し、申請手続きを行うと、その上級資格である『介護医療事務管理士』の資格を得ることができます。

この資格は、あくまで”介護保険事務管理士”を含む2つ以上の認定試験の合格および申請が条件となっています。

そのため、『介護医療事務管理士』単体のカリキュラムや試験はありませんので、その点は誤解しないように気をつけてください。

 介護保険事務管理士試験について

介護保険事務管理士試験

試験の概要

①試験実施日

年2回(11月・1月)

 

②受験資格

日本病院管理教育協会の教育指定校(大学・短大・専門学校)のカリキュラムを履修した方

 

③試験内容

●学科試験(マークシート10問)
1.介護保険制度論

介護保険制度論など
2.介護報酬算定実務(算定と請求方法)
介護保険事務演習、介護保険実務など

●実技試験
・介護給付明細書の作成(2問)
・レセプトの点検(1問)

 

④合格基準

学科・実技ともに正答率7割以上

 

⑤合格率

約90%前後

 

⑥合格発表

試験後、約1ヶ月後に文書にて通知。合格後に申請手続きを行えば、正式に『介護保険事務管理士』資格が付与されます。

 

⑦受験費用

指定校の教育カリキュラムに含まれているため、受講料・試験料は発生しません。

 

⑧受験会場

各教育指定校により異なります。

 

過去問

以下、過去に学科試験で出題された問題の一部です。

問題①

次の文章のうち正しいものはどれですか。

(1)デイサービスやショートステイの利用者が弁当を持参するため、受け入れを拒むことはサービス提供事業所の判断に委ねられている。

(2)通所リハビリテーションにおける若年性認知症ケア加算を算定できるのは、40歳以上65歳未満の若年性認知症の者である。

(3)指定委託介護支援事業所は、正当な理由なくサービス提供を拒否できないと定められているが、ここでいう正当な理由には、当該事業所の現員からは利用申し込みに応じきれない場合などが該当する。

(4)通所サービスのサービス提供時間における併設医療機関の受診は原則として認められる。

 

問題②

次の文章のうち正しいものはどれですか。

(1)患者の生活機能の改善などを目的とする理学療法、作業療法、言語聴覚療法などにより構成され、いずれも実用的な日常生活における諸活動の自立性の向上を目的として行われるのがリハビリテーションである。

(2)医療保険適用病床入院からの外泊中に、介護保険の給付対象である訪問通所サービスの利用は介護保険において算定することはできない。

(3)指定訪問看護ステーションの理学療法士が訪問看護を行った場合、回数にかかわらず所定単位の90/100にて算定する。

(4)訪問介護費における夜間とは午後7時から午後10時までの時間をいう。

最後に

介護サービスの利用者の増加に伴い、介護事務スタッフの需要は高まる一方です。

しかも介護報酬請求業務の知識は全国共通なので、日本中の施設や事業所で活かすことができ、さらに学んだ知識は仕事だけでなく、介護が必要な家族がいる家庭でも役立つので、まさに一石二鳥♪

決してムダになることはありません。

私も、介護事務の資格を取得したことで、利用者さんからの疑問にしっかりと答えられるようになりました。

現在は、職場の上司から『社会福祉主事』の資格を取るよう勧められ、新たな可能性を開くため日々勉強中です。

社会の高齢化が進むなか、ますますニーズの高まるスキルとして、福祉業界への就・転職を目指す方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

以上、最後まで読んでくれてありがとうございました。

介護事務講座を比較するなら♪

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ学び』は、介護事務講座の掲載数No.1の資料一括請求サイトです。全国の講座を一覧比較、気になる講座のパンフレットをまとめて取り寄せることができます。

介護事務の資格は、今回紹介した『介護保険事務管理士』以外にもたくさんあります。資格の名称によって優劣はないので、社会人や主婦で物理的に学校へ通うのが困難な方は、手軽に学べる通信講座を検討してみてはいかがでしょうか。

一生は長いようで短いものです。一度きりの人生、後悔することがないよう思い切ってチャレンジしてみてくださいね。陰ながら応援しています。