介護福祉士の職場の種類にはどんなものがある?

介護タクシー
介護福祉士の職場にはそれぞれ特色があり、仕事内容や勤務体制も異なります!

介護福祉士が働く職場には、どのような所があるかご存知でしょうか?

介護福祉士が活躍する場は、「在宅」から「施設」まで、すべての介護現場にあるといっても過言ではありません。

当記事では、「介護福祉士がどのような職場で、どのような仕事をしているのか?」について、ひとつずつ具体的に説明していきます。

これから介護福祉士を目指す方は参考にしてくださいね。

「在宅介護」「施設介護」の2種類がある

介護福祉士の主な職場

介護福祉士の職場は、大きく以下の2つにわけられます。

在宅介護…自宅で暮らす高齢者を対象に「訪問」「通所」「宿泊」などの介護サービスを提供する。
施設介護…施設で暮らす高齢者を対象に介護サービスを提供する。

在宅介護」と「施設介護」、それぞれの特徴をさらに詳しくみていきましょう!

「在宅介護」の特徴

在宅の職場

在宅介護には、「訪問系サービス」「通所系サービス」があります。

訪問系サービスは、利用者の自宅を訪ね、身体介助(食事・トイレ・入浴のサポート)や家事援助(調理・洗濯・掃除のサポート)をおこなうもの。

通所系サービスは、利用者が自宅での生活を続けながら、日帰りで施設に通って入浴やレクリエーションなどのサービスを受けるもの。

最近では複合的なサービスを提供する施設も増えており、おなじ施設の中でも仕事の種類や範囲は広がっています。

「施設介護」の特徴

いろいろな施設の職場

施設介護には、「入居系サービス」「居住系サービス」があります。

「入居系」は、介護特別養護老人ホーム(特養)など、長期だけでなく短期入所(ショートステイ)も可能な施設で介護サービスを提供するもの。

「居住系」は、有料老人ホームや認知症高齢者グループホームなど、居住環境にウェイトを置いた施設でサービスを提供するもの。

入居系・居住系、どちらも「寝たきり」や「認知症」で日常生活を自力でおこなうことができず、自宅で介護を受けることが困難な人を対象にした施設です。

そのため、介護スタッフだけでなく、医師・看護師・ケアマネジャー・栄養士がチームを組み、24時間体制で介護にあたっています。

施設における仕事の種類や範囲は多岐にわたり、じっくりと介護に向き合えるので、スキルアップを目指す人にオススメの職場です。

「在宅介護」の仕事内容とは?

在宅介護には「訪問系サービス」と「通所系サービス」があります。どんな職場で、どんな仕事をしているのか見ていきましょう!

訪問系サービス

①訪問介護(ホームヘルプ)

高齢者の自宅を訪問し、食事や排泄の介助をはじめ、入浴・トイレ・洗濯・掃除など…日常生活全般をサポートします。

訪問介護は、家政婦の延長のように思われがちですが、それだけではありません。

介護福祉士としての専門能力が生かされる場面がたくさんあります。

たとえば、利用者さんの身体の状態を考慮しながら、安全に美味しく食べられるように調理したり、伝い歩きしかできない人でも移動しやすいように家具の位置をアドバイスしたり、精神面におけるアドバイスをしたり…。

とくに一人暮らしの高齢者にとって、訪問ヘルパーは「命の支え」ともいえる存在です。また、自宅というプライベートな空間に立ち入るため、利用者さんと信頼関係を築くことも大切になります。

通常、介護福祉士は「居宅サービス事業所」「ヘルパーステーション」に所属し、早番・日勤・遅番・夜勤の交代制で勤務にあたっています。

②訪問入浴

寝たきりなどで、自宅で入浴できない高齢者を対象に提供する「入浴サービス」のこと。

移動入浴車をつかって、介護福祉士と看護師で3名1組ほどのチームになり、利用者の家に伺います。室内で専用の浴槽を組み立て、お湯を張り、洗髪から全身の入浴をサポートします。

わたしたち日本人にとって、入浴は単純に身体を洗うためだけの行為ではありません。利用者さんに「心地よさ」「安らぎ」「生きる喜び」を感じてもらうことが最大の目的になります。

勤務は午前〜午後におこない、夕方頃に終了するのが一般的です。

通所系サービス

①デイサービス

デイサービスとは、日帰りで施設にくる高齢者に対して、食事やトイレの介助、レクリエーション活動、日常動作の訓練をおこなうものです。

また、介助以外にも、送迎の連絡から送迎車の同乗、事務処理、介護計画の立案など幅広い仕事をおこないます。

すこし前までは「デイサービスなんて、子どもにするような遊戯をやっているだけ…」と、バカにされていた時期もありました。しかし、最近は施設同士の競争も激しくなり、それぞれ工夫したプログラムを組み、独自性を打ち出すようになってきました。

働く職場によって、仕事内容はさまざまなので、多種多様な介護を経験できることがメリットです。

日帰りなので、基本的に勤務は「昼間のみ」。夜勤はありません。ただし、送迎に時間がかかることも多く、早番・遅番にわかれ時間帯をずらしたシフトになっているのが一般的です。

②デイケア

デイケアとは、高齢者が日帰りで、リハビリテーション施設(老人保健施設や病院)に通いながら、リハビリや機能訓練をおこなうものです。

医師の指示にもとずき、理学療法士や作業療法士といった専門家が指導にあたっています。

ここでの介護福祉士は、送迎・食事・トイレの介助に加え、リハビリの補助やレクリエーションを兼ねた軽い運動指導をおこないます。

デイサービス同様、夜勤はなく、昼間のみの勤務になります。

「施設介護」の仕事内容とは?

施設では、24時間利用者と生活を共にするので、勤務はシフト制です。各施設ごとの働き方の違いを知りましょう!

短期滞在型サービス(ショートステイ)

短期滞在型サービスは、ショートステイとも呼ばれます。

介護にあたる家族が、「旅行」や「法事」などの用事があるとき、あるいは家族が介護に疲れたときなどに、介護が必要な高齢者を短期間うけ入れるサービスです。

宿泊も可能なので、家族の介護疲れ、精神的な負担の軽減に一役買っており、在宅介護の中でも欠かせないサービスの一つになっています。

ショートステイ専用の施設もありますが、通常「特別養護老人ホーム」や「介護老人保健施設」に併設されているのが一般的。 介護福祉士は、看護師、理学療法士と連携しながら、食事やトイレ、入浴の介助や機能訓練にあたります。

24時間体制で利用者さんを預かるため、早番・日勤・遅番・夜勤のシフト制を採用しているケースが大半。また、併設の「特別養護老人ホーム」と一部共通したシフトになることも多いです。

入居系サービス

入居系サービスには、

①介護老人福祉施設(特養)
②介護老人保健施設(老健)
③介護療養型医療施設(療養型病床)

以上、3種類があります。

これらの施設の目的は、自宅での介護が困難な人を「在宅生活へ復帰」させること。そのため、施設では、介護だけでなく医療やリハビリのサービスも提供しています。

介護福祉士は、ケアマネジャーや看護師、理学療法士とチームを組み、入居者の介護にあたります。

①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム=特養)

特養は、最もメジャーな働き場所。多くの介護福祉士が活躍しています。

「寝たきり」や「認知症」で常時介護を必要とする人、日常生活を自力で送れなくなり、自宅での生活が困難な高齢者が入居しています。比較的規模のおおきな建物で、大人数の職員が24時間交替で介護にあたります。

介護福祉士は、食事、トイレ、入浴の身体介助をおこなうほか、レクリエーション指導、リハビリの介助など利用者の生活全般をサポートします。

勤務体制は、夜勤を含めたシフトが一般的。体力的にかなりハードですが、ベテランになると管理職やケアマネジャーに昇格し、日勤中心で働ける場合もあります。

職員数も多いため、新人なら先輩から指導をしてもらえたり、交替で休みを取りやすかったりするメリットがあります。

また、業務は分担制で、調理や洗濯は専門のスタッフや外部業者がおこないます。そのため、介護職員は身体介護や精神的なケアに専念することができます。

一緒に働く職員には、介護スタッフ以外にも、社会福祉士・看護師・管理栄養士・理学療法士などなど…各分野の専門家が多く、さまざまな人の意見が聞けるので仕事の幅も広がると思いますよ。

②介護老人保健施設(老人保健施設=老健)

俗に「老健」とよばれている施設。「特養」に続いて、多くの介護福祉士が働いています。

特養と病院の中間的な役割を担い、病気の治療がおわり、状態が安定している高齢者が1日でも早く自宅で自立した生活を送れるよう、リハビリテーションをおこなう場所です。

入居しているのは、入院治療は必要ないものの、看護や介護、リハビリを必要とする高齢者。「要介護1以上」と判定された方が対象になります。

施設の規模はおおきく、医療スタッフとの連携が必要な場面が多いことを除いては、特養とよく似た職場だといえるでしょう。

24時間交替で介護にあたるため、夜勤を含めたシフト制が一般的です。

③介護療養型医療施設(療養型病床)

介護を必要とする高齢者で、病状が安定期にあるものの、長期にわたる療養を必要とする人たちが入居しています。

一般の病床にくらべて、居室面積や廊下幅がひろく、介護職員の配置に重点がおかれており、長期療養にふさわしい体制が整っている医療施設です。

勤務形態は施設によっても異なりますが、早番・日勤・遅番・夜勤のシフト制を採用している場合が多いです。

介護療養型医療施設は2018年末までに廃止され、老健など、ほかの施設に移行することが決まっています。

居住系サービス

居住系サービスの施設で、介護福祉士の活躍が望まれているのは、

①認知症高齢者グループホーム
②有料老人ホーム
③軽費老人ホーム(ケアハウス)

以上、3種類があげられます。

①認知症高齢者グループホーム

グループホームは、5〜9人ほどの「認知症高齢者」が共同生活をする場所です。

家庭的な雰囲気のなかで、利用者とスタッフが一緒に生活をしながら、認知症の緩和を目指していきます。

建物は民家を改装して利用するなど、普通の家と変わらないところが多いのが特徴です。部屋は個室ですが、共有スペースとして台所・食堂・居間・浴室があります。

グループホームでは、施設のように食事や就寝時間まで、何からなにまで決まりごとがあるわけではありません。食事のメニューも利用者の好みを聞きながら相談して決めるなど、「普通の家庭」に近い状態で生活しています。

そのため、単純にそこで働くというより、積極的に自分たちで「世界観」をつくりあげていくことが求められます。ただルールに従って、決められたスケジュールをこなすだけでは不十分なのです。

また、買い物や調理に関しても”利用者のできる範囲”でなるべく本人にまかせ、スタッフはあくまで「サポート役」。やさしく見守りながら、できない部分のみ手を貸すよう心がけましょう。

24時間体制で、状況にあわせた介助が必要なため、夜勤を含めたシフト勤務が一般的です。

②有料老人ホーム

食事や介護がついている、高齢者向けの居住施設です。

有料老人ホームの場合、民間企業が数多く参入しています。そのため、施設によって働き方が大きく異なるので気をつけなければいけません。

一般的には、食事や健康管理、入浴や通院介助といった日常生活を送るうえで必要な介護を中心におこないます。さらに趣味やスポーツ、イベント、レクリエーション活動の立案やサポートをおこなうこともあります。

また、有料老人ホームは「要介護度」に関係なく入居できる施設です。

「要介護度」ってなに?

介護の必要度を「7段階」であらわしたものじゃ。介護保険でサービスを受けるとき、介護度によって受けられるサービスの種類が変わってくるんじゃよ。
えっ!受けられるサービスの種類が違うってどういうこと?
たとえば、特別養護老人ホームの場合、行政から「要介護4以上」の認定をうけないと入れてもらえないんじゃ。希望者もおおく、何年も「入居待ち」している人が大勢いるんじゃよ。
そうだったのね…。つまり、有料老人ホームが、その受け皿になっているってことね!

有料老人ホームの数は、ここ10年ほどで急増しています。2000年には全国わずか「350施設」足らずしかありませんでしたが、2014年には「8,495施設」まで増えました。

その数、なんと20倍以上です。財政負担の増加に苦しむ都道府県のフトコロ事情をみると、これから先も「特養」「老健」といった介護保険を対象とした施設の増加は見込めないでしょう。

有料老人ホームは、これらの施設に入れない高齢者の受けいれ先として、今後さらに期待がされています。

③軽費老人ホーム(ケアハウス)

全面的に介護サービスを提供する施設ではなく、「介護ケアが付いたアパート」をイメージするとわかりやすいでしょう。

60歳以上、または夫婦どちらかが60歳以上で、なんらかの理由で家族と同居できない人たちが、無料または安価で生活できる施設になります。

さまざまな種類があり、食事の提供までおこなう「A型」、自炊が前提の「B型」、ある程度自立した生活が送れるものの、完全に独立して生活するのは不安な人が利用する「ケアハウス」があります。

あなたに向いているのはどんな職場?

ここまで、さまざまな職場を紹介してきたわけじゃが。どこで働きたいか決まったかのう?
う〜ん…「在宅介護」にも興味があるし、「施設介護」も捨てがたいんだよなぁ。
ずいぶん悩んでいるようじゃな。

次の2つの質問について、あてはまるものを選んでみるんじゃ。

Q.1どんな職場で働きたい?
A 大勢で働きたい
B 数人で働きたい
C ひとりで働きたい

Q.2どんな時間帯に働きたい?
D 変則勤務は平気
E 日勤で働きたい


あなたの答えから、向いている職場のタイプを見つけてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。

介護福祉士が活躍できる場所が、たくさんあることをご理解いただけましたか?

介護は、どんな施設で働くにせよ「人が好き」じゃなければ務まらない仕事です。

まずは、自分が受けたい介護を利用者さんにしてあげること。こんなに良くしてくれるスタッフがいるのなら、「家族や友人もここに入れたい!」と思われる介護をすることを目指してみてください。

また、どの施設でも、大きな役割を担っているのが介護福祉士の有資格者です。専門職としてふわさわしい力を身につけるため、常に向上心を忘れないようにしましょうね。

もし当記事をお読みいただき、介護の仕事に少しでも興味を持たれたならば、ぜひ資格の取得を検討してみてください。

資格の取得方法については、こちらの記事でくわしく解説しています。

→資格のページ